« 3月11日 ヨーロッパ人がパンダを知る | トップページ | 3月13日 サンドウィッチデー »

3月12日 日曜日が休日になった

 1876(明治9)年の今日、官公庁で土曜は半日の休日・日曜が全日の休日になる制度が実施されました。

 それまでは休日はなかったのかというと、1868(明治元)年9月に、31日を除く1と6のつく日を休日としていました。しかし、欧米との交易等で不便があったため、欧米と同じ仕組みに改めることとしました。

 土曜日の午後の休日のことを、「半ドン」といいますが、おこりはどこにあるのでしょう。

 一つは、以前から皇居で毎日正午に大砲(午砲・ドン)を撃っており、土曜日はドンとともに仕事が終わることから、丸の内に勤める人たちの間で「半ドン」と呼ばれるようになったという説。ドンは全国の都市で行われるようになり、それとともに「半ドン」という言葉も全国に広まったといいます。

 また、私が信じていた二つめの「半ドン」のエピソードは、オランダ語で日曜日を意味するzondag(ゾンターク)が訛って「ドンタク」となったという説です。
 土曜日は半分が休日であることから「半ドンタク」、略して「半ドン」となったとする説です。
 若い方には「半ドン」という言葉は死語または古語ですかね。

 さて、現在では週休二日制、学校五日制が定着して、家族そろって土日が休日という家庭が増えてきました。

 休日が増えたことはうれしいことですが、土曜日の昼に一週間の仕事を打ち上げたときの解放感はなつかしいですね。
 職場の仲間と昼食を食べにいって、しゃべりまくり、仲良くなり、それで職場の雰囲気が良くなるという好循環が当時はありました。
 
 現在のような能力主義ではなく、みんなで団結しなければやっていけない職種でしたから、今、それを思えば土曜日は貴重な日でした。

 週休二日制になってからは、私は、お出かけは土曜日に済ませ、日曜日はゆっくりというパターンにできるだけしていました。

 歳をとると、週休二日制は助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 3月11日 ヨーロッパ人がパンダを知る | トップページ | 3月13日 サンドウィッチデー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40468516

この記事へのトラックバック一覧です: 3月12日 日曜日が休日になった:

« 3月11日 ヨーロッパ人がパンダを知る | トップページ | 3月13日 サンドウィッチデー »