« 2月16日 大隈重信が生まれた日 | トップページ | 2月18日 冥王星が発見された »

2月17日 天使の囁き記念日

 北海道幌加内(ほろかない)町の「天使の囁きを聴く会」が1994(平成6)年に制定しました。天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのことです。

 きっかけは1978(昭和53)年、幌加内町母子里(もしり)の北大演習林で、氷点下41.2℃という日本最低気温が記録されましたことに始まります。

 しかし、気象庁の公式記録の対象から外れていたために、1902年1月25日に旭川市で記録された氷点下41.0℃が、ひきつづき公式の日本最低気温とされました。幌加内町からみれば記録更新ができなかった残念なことではなかったかと思います。

 そこで町内の若者グループが中心となって、この日本最低気温の記録を記念する一方、プラスイメージに変えようと、ダイヤモンドダストの観察など、厳冬の一夜を体験する「天使の囁きを聴く集い」を1987年から20年間、2月17日に開催しています。

 この日は、厳寒の母子里でダイヤモンドダストをた見たり、寒さの体験や雪遊びなどをして楽しみます。
 若者たちは、この活動に端を発して、2月17日を日本記念日協会に「天使の囁き記念日」として登録し、活動をしています。
 
 近年、この寒さを記念して作られた「最寒の地記念公園クリスタルパーク」において、モニュメントのクリスタルピークスをライトアップする催しを行っています。
 
 このライトアップは参加者を幻想的な世界に運んでくれます。

 なお、幌加内町は、減反政策後、そばの栽培に切り替えて、現在ではそばの作付け面積・生産量ともに日本一になり、高品質のそばを生産しています。そば粉の国内自給率が低い中で明るい話題です。うれしくなりました。
 笹の茎からつくられた笹紙も名産です。

 ホームページからは自然が豊かな美しい町のようすが感じられました。

蕎麦のさと「ほろかない」

« 2月16日 大隈重信が生まれた日 | トップページ | 2月18日 冥王星が発見された »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40148370

この記事へのトラックバック一覧です: 2月17日 天使の囁き記念日:

« 2月16日 大隈重信が生まれた日 | トップページ | 2月18日 冥王星が発見された »