« 2月13日 苗字制定記念日 | トップページ | 2月15日 「春一番」名付けの日 »

2月14日 聖バレンタインデー

 今日は聖バレンタインデーです。バレンタインはローマ帝国時代のキリスト教の司祭だといわれています。

 西暦269年(そのころ、日本はまだ弥生時代でした)、ローマ皇帝は若者が兵士として戦争に行きたがらないので、自由な結婚を禁止しました。ところがバレンタインがこっそり若者を結婚させたと知って、2月14日に彼を処刑しました。 

  その後、200年ぐらいたってから、しだいにこの日がバレンタイン司教の記念日としてキリスト教の行事に加えられ、恋人たちの愛の誓いの日になりました。

 ヨーロッパでは、この日を「愛の日」として花やケーキ、カード等を贈る風習があります。

 女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本独自のもので、1958年にメリーチョコレートカムパニーが行った新宿・伊勢丹でのチョコレートセールが始りです。
 1年目は3日間で3枚、170円分しか売れませんでしたが、現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1が、この日に消費されるといわれるほどの国民的行事となっています。
 
 口悪くいえば、チョコレート会社の販路拡張キャンペーンが成功したということですが、楽しければいいではないかということで、日本では年々さかんになっています。

 クリスマスとならんで、キリスト教になじみの薄い日本では、本来の由来とは関係なく、真の意味が忘れられて、セールスに利用されがちのようです。

 一か月後の「ホワイトデー」に返礼のプレゼントをすることも定着してきました。

 ところで、キリスト教の国々の動きはどうなっているのでしょう。
 カトリック教会では、1969年までは2月14日を殉教の日としてきました。

 なぜ1969年までか、といいますと、その年の改革で、史実上の実在が明らかでない聖人たちは整理されました。この結果、現在の「カトリックの聖人」には彼の名はありません。
 つまり、バレンタインという人物の実像は、はっきりしていないということになったのです。
 
 現在、カトリックでは公式には2月14日には何の祝い事もありません。
 しかし、バレンタインの遺骨を納めていると主張している6つの教会では現在も典礼が続けられています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月13日 苗字制定記念日 | トップページ | 2月15日 「春一番」名付けの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40115324

この記事へのトラックバック一覧です: 2月14日 聖バレンタインデー:

« 2月13日 苗字制定記念日 | トップページ | 2月15日 「春一番」名付けの日 »