« 2月12日 アメリカ大統領リンカーンの誕生日 | トップページ | 2月14日 聖バレンタインデー »

2月13日 苗字制定記念日

 1875(明治8)年2月13日、明治政府は「平民苗字必称義務令」という太政官布告を出して、すべての国民に姓を名乗ることを義務づけました。このため今日が「苗字制定記念日」となりました。

 江戸時代までは、苗字を使っていたのは貴族と武士だけでした。苗字・帯刀・俸禄米・切捨御免が武士の特権でした。
 
 1870年に「平民苗字許可令」が出されて、平民も苗字を持つことが許されましたが、平民はすすんで苗字を持ちたいとは思っておりませんでした。庶民の中では、苗字がなくても、「○○村の熊五郎、△△店の権太」でじゅうぶん通用していました。持たなくても何の不自由もなかったのです。
 しかも、当時国民は明治新政府を信用しておらず、苗字をつけたらそれだけ税金を課せられるのではないかと警戒し、なかなか苗字を名乗ろうとしませんでした。
 そこで明治政府は、1974年の佐賀の乱(不平士族の反乱)を力で鎮圧して、強権を見せつけた上で、この日に苗字の義務化を断行しました。

 明治新政府にとって、これほど強制的に苗字をつけさせなければならない理由は何だったのでしょうか。
 これは来たるべき徴兵制で近代的軍隊をつくるために絶対に必要だったのです。徴兵制も平民(とくに農民)には重い負担でしたから、重税とともに強い警戒心があったとおもわれます。
 
 近代国家を形成する上で、苗字のない国民の存在はありえないことです。

 現実に苗字をつける段になって、読み書きの不得手な人々は、文字を解する神官・僧侶・家主などに苗字を命名してもらいました。なかには命名に窮し、それがために珍姓が出現したことも、笑えない事実らしいです。多くの人は、地名から苗字を決めたといわれています。漁村では魚の名前を、山村では樹木の名前をつけたりもしたそうです。

 日本の苗字は、大きく分けたら10万種、字体などで細分したら約27万種ほどあるといわれています。現在の時点ではその実数は完全には把握されていません。(統計資料によって数字がちがっています)

日本   27万種(漢字の字体の違いや読みの違いを考慮してカウントした場合)
中国   4100種
韓国   250種
アメリカ 150万種

日本は、他のアジア圏に比べて突出して姓が多いです。これは、姓の由来が他のアジア諸国と異なることによります。
アメリカ(社会保険庁登録分) は、その民族的多様性から「世界一姓の種類が多い国」となっています。

 世界一多い姓は、李(中国、韓国。中国と北朝鮮では”リ”、韓国では”イ”)です。この姓は中国の人口の7.9%(2002年)を占めており、1億人以上いるといわれています。
 英語圏の苗字の最多のものはSmith(スミス、英・米等、約300万人)です。

 日本で一番多い苗字は、かつては「鈴木」さんでしたが、今では「佐藤」さんが日本で一番多いとされています。「佐藤」さんは、北海道、東北(青森県を除く)、新潟県など東北日本で圧倒的に多くなっています。西日本では、徳島県と大分県で一番多い姓になっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月12日 アメリカ大統領リンカーンの誕生日 | トップページ | 2月14日 聖バレンタインデー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40103533

この記事へのトラックバック一覧です: 2月13日 苗字制定記念日:

« 2月12日 アメリカ大統領リンカーンの誕生日 | トップページ | 2月14日 聖バレンタインデー »