« 2月23日 富士山の日 | トップページ | 2月25日 平手正秀、自刃 »

2月24日 南国忌(直木三十五の忌日)

 今日は南国忌です。
 直木賞に名を残す直木三十五(さんじゅうご)の忌日で、直木の作品「南国太平記」に由来してします。

 直木三十五は、現在の大阪市中央区安堂寺町で生まれました。あまりなじみがない作家なので、直木賞は権威のある賞だとは知っていても、直木三十五その人についての知識はあまりありませんでした。

 調べてみると、大正から昭和の初めにかけては、本業の大衆作家のほかに映画の脚本や監督としても活躍したようです。
 『黄門廻国記』は月形龍之介が主演した映画『水戸黄門』の原作にもなりました。ほかにも直木作品を原作とした映画は50本近くあります。
 代表作が「南国太平記」です。

 ペンネームの付け方が変わっています。
 本名は植木宗一です。姓の直木は植木の「植」を分解しました。三十五は年齢をあらわしています。
 最初の文筆活動が31歳でしたから、そのときのペンネームが「直木三十一」。翌年が「三十二」。その翌年が「三十三」。つぎは三十四のはずですが編集者のまちがいで「三十五」で発表されてしまいました。それ以後は名を改めず「直木三十五」で通しました。
亡くなったときは、43歳でした。 

 亡くなった翌年の1935年、文藝春秋社長・菊池寛により「直木賞」が設置されました。
現在、エンターテインメント系の新人の作品に与えられています。 

 なお、大阪市の谷町6丁目に「直木三十五記念館」があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月23日 富士山の日 | トップページ | 2月25日 平手正秀、自刃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40236045

この記事へのトラックバック一覧です: 2月24日 南国忌(直木三十五の忌日):

« 2月23日 富士山の日 | トップページ | 2月25日 平手正秀、自刃 »