« 2月6日 ベーブ・ルースが誕生 | トップページ | 2月8日 郵便マーク(〒)の日  »

2月7日 北方領土の日

 今日は、「北方領土の日」です。

 1855年2月7日、「日魯通好条約」が結ばれて、千島列島の択捉(えとろふ)島以南を日本領、得撫(うるっぷ)島以北をロシア領とし、樺太(サハリン)は両国民が混住する土地となりました。
 1875年(明治8年)には、「樺太・千島交換条約」が結ばれました。全樺太をロシア領とする一方、ロシア領だった得撫島以北の千島は日本領としました。この結果、全千島が日本の領土となりました。

 やがて、第2次世界大戦がはじまりました。
 アメリカ、イギリスなどの連合国がとった戦後処理の原則は、「日本・ドイツ・イタリアが戦争などで奪った土地は返させるが、そのほかの土地の割譲は求めない」というものでした。
 この原則は、日本にたいしては1943年に米英中3国首脳が発表した「カイロ宣言」で明確にされました。1945年7月の「ポツダム宣言」では、「カイロ宣言」の履行が明記され、ソ連を含む連合国全体のものとなっていました。

 つまり、この時点では、全千島ははっきり日本領になるはずだったのです。

 しかし、戦後、米英ソ(旧ソ連)の秘密協定であるヤルタ協定が明らかになります。ソ連が対日参戦する代わりに全千島を領土とすることを要求し、アメリカ・イギリスがこれを認めたのです。
 ソ連には領土を拡大しようとする野心がありました。(実際にバルト3国のように併合された国もあります)

 1951年の「サンフランシスコ平和条約」(対日講和条約)では、第2条C項で「全千島の放棄」、つまり日本に対して「千島列島について、すべての権利、権原(権限のこと)及び請求権を放棄する」ことが明記されていました。これはアメリカがヤルタ秘密協定にもとづいて提案してきたものです。まったく不当なことです。

 繰り返しになりますが、連合国の戦後処理の原則は、「戦争で奪った土地はかえさせる」ということです。しかし、千島列島は「樺太・千島交換条約」によって平和的に日本領になったのですから、「全千島の放棄」にあてはまるはずはないのです。

 ところが、当時の日本政府は、サンフランシスコ平和条約に調印して「全千島放棄」を認めてしまいました。国会でも批准されました。
 ここにも大きな誤りがあります。国際社会の力関係があったにせよ、奪われた当事国(日本)が放棄を認めてしまったのです。
 個人の人間関係にあてはめると・・・・うーん、解決がむつかしい問題ですね。

 
 なお、歯舞諸島・色丹島は北海道の一部であり、千島列島ではありません。ロシアの占領は、不当の上にも不当がつくものです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月6日 ベーブ・ルースが誕生 | トップページ | 2月8日 郵便マーク(〒)の日  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40022394

この記事へのトラックバック一覧です: 2月7日 北方領土の日:

« 2月6日 ベーブ・ルースが誕生 | トップページ | 2月8日 郵便マーク(〒)の日  »