« 2月2日 行基が入滅  | トップページ | 2月4日 銀閣寺の日 »

2月3日 節分

 明日2月4日は立春です。ですから今日2月3日が節分ということになります。

 節分とは季節が移り変わる時という意味ですから、立春・立夏・立秋・立冬の前日はすべて節分にあたるわけで、節分は年に4日あるはずですが、しだいに立春の前日をさすものになりました。

 立春を新年と考えれば、前日の節分は大晦日にあたります。邪気をはらい、悪鬼をおいはらうために「豆まき」の行事がおこなわれてきました。諸国の社寺でも行われるようになりました。

 さて、なぜ、豆をまくのでしょうか?
 中国から伝わった陰陽五行の法則では、自然の道理を木、火、土、金、水の5つの元素であらわしています。このうち「金」が、硬いとか、厄病という意味があります。

 つまり、鬼=金棒を持っている=「金」=堅い=豆も堅いということから、鬼=豆という図式ができあがります。
 
 鬼=豆を退治するために、豆を火で煎る(火が金を溶かすという作用)と同時に、豆まきでばらまかれて、結局、人間が食べてしまうことにより、鬼を退治することになっているのです。一般的には、豆まきは年男(その年の干支を持つ生まれの人)、または、一家の主人が大豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆を食べるとその年は、病気にならず長生きするといわれています。

 また、節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したものを玄関に立てておいたり、縄に柊やイワシの頭をつけた物を門に掛けたりするところもあります。

 なお、節分の日、「巻き寿司のまるかぶり」がイベントととして世間に浸透してきたのは、大阪が発祥の地といわれております。戦前には船場の商家でおこなわれていたらしいのですが、1973年から始められた大阪海苔問屋協同組合の道頓堀での行事をマスコミが取り上げ、全国の食品メーカーと大手コンビニがそれに便乗して全国に広まりました。
 巻き寿司を使う理由は、「福を巻き込む」からで、また、まるごと食べるのは、「縁を切らないために包丁を入れない」というように説明されています。
 
 いずれにしても、のり業界やコンビニ業界の販売促進キャンペーンの結果、全国に広がったことだけはまちがいなさそうです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月2日 行基が入滅  | トップページ | 2月4日 銀閣寺の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/17934687

この記事へのトラックバック一覧です: 2月3日 節分:

« 2月2日 行基が入滅  | トップページ | 2月4日 銀閣寺の日 »