« 2月20日 アレルギーの日 | トップページ | 2月22日 ネコの日 »

2月21日 長寿世界一保持者・泉重千代さん逝く

 元長寿世界一の泉重千代さんが、1986年の今日、120歳237日で亡くなりました。重千代さんは1865年8月20日の生まれでした。慶応元年ですから、世はまだ江戸時代でした。
 
 1966年、満101歳となったとき、高齢者診察をうけました。診察結果は「100歳を過ぎても胃腸はすこぶる順調。歯がなくなったものの普通にご飯やおかずを食べる(但しおかゆは好まず)、目も耳も達者である」というものでした。

 その後、1980年刊行のギネスブックでは「世界最長寿人物」として取り上げられ、地元・伊仙町から名誉町民の称号を与えられました。

 泉さんは、長生きできた理由として「神様と仏様とお天道様のおかげ」とギネスブック編集者に語っていました。
 好きな飲み物は黒砂糖から作った焼酎であるとも答えました。(なるほど、体にいいと思います。)
 その他、長生きの秘訣について酒とたばこをあげたというエピソードがあります。(酒はほどほどならいいといわれていますが、しかし、タバコは「長寿のため」といっても真似できない人が多いでしょうね。)

<あるホームページから引用させていただきました> 
 
「あなたはもっと若くなれる」
1.ビタミンC、E、D、B6、葉酸 などを定期的に摂れば、最高6歳まで若くなれる。
2.禁煙すると8歳若くなれる。
3.ストレスを減らす。ストレスは最高32歳まで年齢を増加させる。
4.定期的運動は9歳若くなれる。
5.セックスをする。決まった一人の異性と健康なセックスを続けている人は8歳も若い。6.シートベルトをする。
7.熟睡。3歳若くなる。
8.脂肪分を抑えた朝食を必ず摂る。
9.幸せな結婚生活。
10.犬を飼う。

「100歳まで生きるためのノウハウ」
1.タバコを吸わない。
2.1~2杯の赤ワインかビールは良い。(但し運動することが条件)
3.油で揚げた物や脂の多い食べ物を減らし、野菜を多く摂る。
4.エアロビクス体操を週3回。
5.水道水を飲まない。
6.抗酸化ビタミンを摂る。
7.脂肪のない筋肉を保持する運動。
8.コンドームをする。
9.日焼け止めクリームを塗る。
10.ストレスを減らすために趣味を育てる。
11.年1回の総合血液検査を受ける。
12.脳の運動をする。

 よくわからないものもありますが、なるほどと思い当たるものが多いです。
 
 さて、「世界最長寿人物」の記録はジャンヌ・カルマンによって更新されましたが、男性としての「世界最長寿人物」記録はいまも泉重千代さんが保持しています。

« 2月20日 アレルギーの日 | トップページ | 2月22日 ネコの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40197837

この記事へのトラックバック一覧です: 2月21日 長寿世界一保持者・泉重千代さん逝く:

« 2月20日 アレルギーの日 | トップページ | 2月22日 ネコの日 »