« 2月7日 北方領土の日 | トップページ | 2月9日 ふぐの日  »

2月8日 郵便マーク(〒)の日 

 一般にはあまり知られていませんが、今日は郵便の〒マークの日になっています。
 
 明治のはじめ、郵便事業が始まったときは特に定められた徽章はありませんでした。大きな赤丸(いわゆる「日の丸」的な徽章)に太い横線を重ねた赤い「丸に一引き」が郵便マークとして用いられたこともありました。
 
 その後、創設された逓信省が、1887年2日8日、新しい郵便記号を発表しました。「今より 字形を以って本省全般の徽章とす」と告示しました。甲乙丙丁の「丁」の音が逓信省の「逓」の音と似ているから「」の形になったのです。

 ところが、2月14日、「実はの誤りだった」ということで「」が「」に突如変更されました。あまりにも早い変更です。

 この経緯に関しては、諸説あることで知られています。
 一番多く語られているのは、「T」は国際郵便の取扱いでは、郵便料金不足の印として万国共通に使用されていました。そのため、これによく似たマークは適当ではないということで、「」に訂正した、という説が有力です。
 また、この訂正理由としては、「テイシンショウ」の片仮名の「」からの説と、単純に「T」の上に一本足して「」とした、という説の2つがあります。

 いずれにせよ、これ以降は「」が、郵便配達員の帽子の正面や制服上着の袖口、郵便旗、あるいは郵便ポストにつけられるようになりました。
 また、「郵便局」を示す地図記号も、「」を丸で囲んだものと定められました。

 マークは、日本の郵便事業・郵便局の記号・シンボルマークとして、長い間親しまれてきました。民営化後の日本郵政グループはブランドマークとして今後も使っていきます。
 
 顔郵便記号(〠)は日本郵政グループでは、「撤去がのぞましい」としておりますから、今後、目に触れる機会は急速に減っていくでしょう。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月7日 北方領土の日 | トップページ | 2月9日 ふぐの日  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40038522

この記事へのトラックバック一覧です: 2月8日 郵便マーク(〒)の日 :

« 2月7日 北方領土の日 | トップページ | 2月9日 ふぐの日  »