« 2月18日 コペルニクス的転回 | トップページ | 2月21日 長寿世界一保持者・泉重千代さん逝く »

2月20日 アレルギーの日

 1966年(昭和41)年の今日、免疫学者の石松公成・照子夫妻が、ブタクサによる花粉症の研究からアレルギーをおこす原因となる免疫グロブリンE抗体(lgE抗体)を発見したことを発表しました。
 日本アレルギー協会(日ア協)によって、今日が「アレルギーの日」と制定されました。

 そもそも、人間の体には、体内に侵入しようとするウイルスなど外敵(異物)を排除しょうとする働き(免疫システム)があります。
  
 アレルギー反応とは、体が持っている免疫システムが過剰に反応してしまう状態をいいます。症状は、直接的には、アレルゲンとよばれる原因物質(花粉、食物、ダニ、犬猫の毛など)が体内に侵入して、アレルギー反応をおこして発症します。

 昔の人は、劣悪な環境の中にあっても、今ほどアレルギーにかかっている人が少なかったのは、生まれたてのころからアレルゲンの体内への侵入に、免疫が試され学習し、免疫のバランスを強化していたからだと考えられています。

 また、昔は食べ物のほとんどは自然食で、化学調味料もなく、環境汚染もなく、今ほど社会的ストレスもなかったために自律神経が乱れることも少なく、結果、免疫バランスを乱すことが少なかったことが幸いしていました。ステロイドもアレルギーを直りにくくさせた元凶だといわれています。

 アレルギーのキーワードは「免疫」ということになります。、
 体内の有害物質をできるかぎり取り除いて、免疫システムを強化することが大切ですね。

 それでは、免疫機能を正常にする作用があり、アレルギー体質を根本的に治す効果が期待できる物質・食品はないかというと、あるのです。自信をもって紹介できるのが「キトサン」です。チキンキトサン(キトサン)はカニ・エビなどの殻に多く含まれる物質です。

 キトサンは一言でいうと「有害物質を体外に排出する」というすばらしい効能があるのです。
 だから、癌や高血圧・糖尿病・ぜんそく・脂肪肝などの成人病、水虫などにも効果があるといわれています。
 私の水虫はキトサンのおかげでほぼ完治しました。さらに、昨年、胃癌の手術をしたので、癌の再発予防のため飲み続けています。 
 詳しくは、ここのホームページ<免疫プラザ>でわかりやすく説明されています。

 アレルギーこそ現代病だと感じます。
 キトサンをすすめます。アレルギーを少しでもマシにできるかもしれません。私の経験からも。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月18日 コペルニクス的転回 | トップページ | 2月21日 長寿世界一保持者・泉重千代さん逝く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40189739

この記事へのトラックバック一覧です: 2月20日 アレルギーの日:

« 2月18日 コペルニクス的転回 | トップページ | 2月21日 長寿世界一保持者・泉重千代さん逝く »