« 2月5日 プロ野球が誕生 | トップページ | 2月7日 北方領土の日 »

2月6日 ベーブ・ルースが誕生

 アメリカ大リーグのホームラン王ベーブ・ルースは1895年の今日、ボルチモアで生まれました。

 ベーブ・ルースの少年時代はかなりの腕白坊主だったようです。学校をサボっては通りをうろつき、非行に手を染めた悪ガキでした。
 7歳ごろには両親の手には負えなくなり、「セント・メアリー少年工業学校」という名の矯正学校に送られました。そこで、ローマ・カトリックの神父と出会い、野球を教えられたことがベーブ・ルースに決定的な影響をもたらすことになりました

 「あんな愚かなことは、決してやるものではない。ホームランが出たからよいが、もし失敗していたら、俺の生涯のキズになったろう。」
 1932年、ワールドシリーズで、ホームランの飛ぶ方向を示した後、予告どおり、大ホームランを打って見せたルースは、後日、そのことを振り返ってこう語っていました。

 プロ生活を通じて本塁打王12回、本塁打数714本、打点2209点、打率3割4分2厘という大記録を残しました。
 ホームラン50本以上のシーズン記録を初めて立てた選手でもあります。1927年に記録したシーズン60ホームランの記録は、1961年にロジャー・マリスによって破られるまで、34年間も最高記録でした。
 
 ルースはプロ野球選手であるとともに、童顔ゆえに「ベーブ(赤ん坊)」という愛称でよばれる国民的なヒーローです。(本名はジョージ・ハーマン・ルース)
 最初にアメリカ野球殿堂入りを果たした5人中の1人でもあります。、

 ルースが、もともとは投手だったこと、調べていてはじめて知りました。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月5日 プロ野球が誕生 | トップページ | 2月7日 北方領土の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40011256

この記事へのトラックバック一覧です: 2月6日 ベーブ・ルースが誕生:

« 2月5日 プロ野球が誕生 | トップページ | 2月7日 北方領土の日 »