« 2月17日 天使の囁き記念日 | トップページ | 2月18日 コペルニクス的転回 »

2月18日 冥王星が発見された

 1930年の今日、アメリカのクライト・トンボーが冥王星を発見しました。

 冥王星(Pluto プルートー)は、かつては太陽系第9惑星とされていた星です、小学校や中学校の理科の時間に、「水・金・地・火・木・土・天・海・冥」と暗記させられた覚えがあり、なつかしい思い出がわき出てきます。

 現在では、冥王星は太陽系の準惑星の地位に下がりました。太陽系外縁天体(海王星の軌道の外側を回る天体をまとめて呼ぶ)という多くの天体の中の一つに数えられる程度の天体です。
 
 その理由は?

 冥王星の直径は2,320kmであり、太陽系内の衛星の中でどれよりも極端に小さい星です。
 小さすぎるがために、冥王星と似たような太陽系外縁天体 が、1990年代後半以降、次々と発見されるたびに、「冥王星をこのまま惑星に入れておくのか」という論争がますます激しくなっていきました。

 望遠鏡の技術が進歩し続けたことにより、さらに多くの太陽系外縁天体が発見できるようになり、その中には冥王星の大きさと同じぐらいの天体が、さらに冥王星より大きなエリスという天体も発見されました。
 冥王星の立場はますます不利になってきました。

 結局、2006年の国際天文学連合(IAU)で、それまでの9つの惑星のうち、冥王星を惑星からはずして準惑星とし、惑星の総数を8つとすることを決定しました。

 冥王星は世界各国の人々に、太陽系の9つ目の惑星として長い間親しまれてきました。
たしか、「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」でも冥王星が舞台になっています。
 
 ディズニーのキャラクターとして親しまれているプルート(ミッキーマウスのペットの犬)は、冥王星が発見された年に誕生しており、冥王星(プルートー)から名前が取られているのです。
不思議な響きをもつ天体です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2月17日 天使の囁き記念日 | トップページ | 2月18日 コペルニクス的転回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40161341

この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日 冥王星が発見された:

« 2月17日 天使の囁き記念日 | トップページ | 2月18日 コペルニクス的転回 »