« 1月22日 カレーの日 ジャズの日 | トップページ | 1月24日 カリフォルニアでゴールドラッシュが始まった   »

1月23日 八甲田山死の彷徨 

 1902(明治35)年といえば、日清戦争で大陸に進出したあと、次はロシアとの戦争を想定して、日本陸軍は冬季の訓練を緊急の課題としてすすめていました。

 この日、青森の第八師団第五連隊の兵士210名が、酷寒の八甲田山に向かって行軍に出発しました。
 猛吹雪のなかでたちまち道をうしない、寒さと空腹と疲労の仲で、発狂して川に飛び込む者、服を脱ぎ始める者も出るなど、つぎつぎと遭難していきました。結局、210人中、死者は199人にのぼりました。生存者は11人。生き残った兵卒でも、多くは四肢切断どなりました。酷いことです。
 生存者の証言によれば、あの時、予備の軍手、靴下の一組でも余計にあれば、自分は足や指を失わなかっただろうし、半分の兵士が助かっただろう」と後年、供述しています。

 厳しい気象条件、稚拙な装備、指揮系統の混乱、極端な情報不足、知識不足が大惨事の原因と考えられています。   

 世界山岳史上最大といわれる犠牲者を出した事件は、世論の批判を恐れて秘密にされてきました。。
 1971年、新田次郎により、『八甲田山死の彷徨』として小説化されました。私も読みましたがすごい迫力で、冬山遭難の恐さを知りました。一読をおすすめします。
 さらにこの小説を原作として映画『八甲田山』で、事件が一般に広く知られることになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 1月22日 カレーの日 ジャズの日 | トップページ | 1月24日 カリフォルニアでゴールドラッシュが始まった   »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/17787816

この記事へのトラックバック一覧です: 1月23日 八甲田山死の彷徨 :

« 1月22日 カレーの日 ジャズの日 | トップページ | 1月24日 カリフォルニアでゴールドラッシュが始まった   »