« 1月23日 八甲田山死の彷徨  | トップページ | 1月25日 菅原道真が大宰府に左遷された »

1月24日 カリフォルニアでゴールドラッシュが始まった  

 ゴールドラッシュ(Gold-Rush)のそもそものきっかけは、1848年の今日、カリフォルニアの農場の使用人が、川で砂金を発見したことから始まっています。カリフォルニアには金の鉱脈を目当てとする山師や開拓者が、全アメリカから殺到することになりました。
 この結果、1852年にはカリフォルニアの人口は20万人まで急増し、州に昇格しました。こうして西部の開拓が急速に進展することになりました。 
 
 ゴールドラッシュにおしよせたのはアメリカ人だけではありません。カリフォルニアの金を求めて、ヨーロッパ中から人がいなくなったということです。当時、農民、労働者、商人、乞食や牧師までもが、一攫千金を夢見て、新大陸をめざしたことが記録されています。
 土佐出身の漂流民として有名なジョン万次郎も、このころアメリカに滞在しており、カリフォルニアへ金を取りに行っています。ゴールドラッシュにおしかけた唯一の日本人でしょうか。
 リーバイという男がいました。金を掘っていると、今までのズボンではすぐ破れてしまいます。これに目をつけた「リーバイ・ストラウス」は、テント用の厚手の布でつくった新しいズボンを商品化しました。これがジーンズの始まりです。リーバイは「リーバイス(LEVI'S)」の創業者になりました。
 
 また、ゴールドラッシュによって、被害を受けた人々がいることを忘れてはいけません。それは、もともとアメリカ大陸に住んでいた先住民です。
 突然やって来たよそ者の白人に、昔から守ってきた土地をふみにじられたうえに、西部劇にあるように、悪者にされて、傷つけられ殺された、先住民にとっては受難の時代でした。
 なお、先住民は、インディアンと呼ばれていましたが、現在では「ネイティブアメリカン」とあらためられています

 ガンマンやカウボーイ、アウトローなどが、この時代の特徴として小説や映画(西部劇などで描かれました。私の少年時代には、深いことは何もわからないまま、テレビの西部劇をよくみました。
 「ララミー牧場」「アニーよ銃をとれ」「名犬リンチンチン」「ローンレンジャー」「ローハイド」「シャイアン」など、とてもなつかしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 1月23日 八甲田山死の彷徨  | トップページ | 1月25日 菅原道真が大宰府に左遷された »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/17807123

この記事へのトラックバック一覧です: 1月24日 カリフォルニアでゴールドラッシュが始まった  :

« 1月23日 八甲田山死の彷徨  | トップページ | 1月25日 菅原道真が大宰府に左遷された »